ポケットティッシュの種類

  • トップページ

ポケットティッシュの種類

世界的にみても日本のポケットティッシュの品質は非常に高く、訪日した外国人旅行者が
手軽に持ち運べて便利だからと、日本製のポケットティッシュを大量にお土産として購入していくほどです。
 
何気なく使っていたポケットティッシュについて、奥深く探求していくと、
その種類や特徴、魅力は非常に多岐に渡ることが分かります。
 
そこで今回は、自分に合うポケットティッシュを見つけるために、ポケットティッシュの
さまざまな種類や形状、種類ごとにより異なる使用目的などを見ていきましょう。
 
 
1.ポケットティッシュの種類や形状
ポケットティッシュの魅力を知るためには、ポケットティッシュの種類や形状の特徴を
知ることから始めましょう。
種類や形状を知ることで、自分に合うポケットティッシュを見つけることができるはずです。
 
●無地タイプのポケットティッシュ
最初にご紹介するポケットティッシュが、「無地タイプのポケットティッシュ」です。
無地タイプのポケットティッシュは、その名の通り、中身のティッシュを覆うビニールの袋のラベルに
何も記載されていないタイプのポケットティッシュ
です。
 
無地タイプのポケットティッシュは、そのシンプルな見た目から、好んで使用する方も多くいます。
個人の利用だけでなく、企業の販売促進用として活用されることもあります。
 
企業の販売促進用として、無地タイプ、または次でご紹介する「販促用ポケットティッシュ」があります。
これら二つは、ビニールの外側にポケットが付いていることが特徴であり、
販促用としての機能を最大限発揮させるためには欠かせない特徴といえます。
 
●フィルムタイプのポケットティッシュ
無地タイプの次に人気のあるポケットティッシュといえば、「フィルムタイプのポケットティッシュ」です。
 
フィルムタイプのポケットティッシュの特徴は、文字通りポケットティッシュのフィルム部分に、
絵や文字などのデザインが印刷されている
ということです。
「直接印刷がされているポケットティッシュ」と呼ばれることがありますが、ラベルがないことから、
フィルムに直接文字やデザインを印刷して個性を出す必要があるのです。
 
フィルムに直接デザインが施されていることから、ビニールの外側部分にポケットが付いている
形状の無地タイプとは異なり、フィルムタイムにはポケットが付いていません。
 
ポケットティッシュを日常生活で活用している方の中には、無地タイプのように
ポケットが付いているポケットティッシュだと使い心地が悪い、使い方によっては中身のティッシュが
出てしまうといったことから、あまり好きではないという方もいるようです。
 
フィルムに絵やデザインが施されたフィルムタイプは、子どもが好きなキャラクターが印刷されたものや、
企業が販促用として使用されることがあります。
持ったときの使い心地が良いこと、そして好きなデザインやキャラクターが書かれていることから、
万人受けしそうなポケットティッシュ
です。
 
●機械封入タイプのポケットティッシュ
「機械封入タイプのポケットティッシュ」は、無地タイプのポケットティッシュと似ています。
唯一異なる点といえば、ビニールのポケット部分に、機械を使って企業の宣伝用ラベルを封入することができる
ということです。
 
無地タイプのポケットティッシュには、はじめからビニールの外側にポケットが付いていることから、
企業の担当者が外部のデザイン業者に依頼をしたラベルを手作業で封入することも可能です。
 
しかし、場合によっては販促用として無料配布するポケットティッシュの数量が膨大なことも多いため、
ポケットティッシュを注文する時点でラベルの封入についても業者に依頼すると効率が良くなります。

ポケットティッシュ

オリジナルティッシュ

激安ティッシュ

ポケットティッシュ 激安


ノベルティ ティッシュ